すべて 育児アイテム紹介

子供の歯磨き!虫歯になったら手遅れ?虫歯の進行を止めてあげよう!

だんきのこ
3歳の双子の男の子を育てるだんきのこです。

子供が虫歯にならないように対策していたけど、結局虫歯になっちゃった!

あなた
進行を止めるにはどうすればいいの?

我が家でも、毎日歯磨きをしていたのに、乳歯に初期虫歯が出来てしまいましたが、その後の対策を続けているので紹介したい来ます。

乳歯の虫歯ってどんな歯?

我が家では息子たちが虫歯になってしまったので、歯の状態を紹介します。

虫歯になってしまったのでひとまず歯医者さんへ行きました。

歯医者さんで行った処置

我が家の場合、子供たちは歯医者大好き。

先生に『すごいね!かっこいいね!』褒めてもらえるのが嬉しいようです。

歯医者嫌いになって今後の、処置が困らないように次の処置になりました。

歯医者さんで行った処置

  1. 超音波で汚れをとる
  2. 超音波と同時に歯に水をあてる
  3. フッ素塗布
  4. あとは歯磨きで進行を防ぐ

本来であれば、虫歯を削って治療するところですが、超音波&水をあてた時に、子供がびっくりして泣いてしまいました。

歯医者さんを嫌いになってしまうと今後処置しにくくなるのを考慮し、超音波で歯のクリーニングとフッ素塗布のみの処置となったのです。

次に歯医者さんで教えてもらった知っておくべきことを紹介します。

3歳で虫歯にならない為に知っておくこと

虫歯になって歯医者さんに診てもらいましたが、3歳で虫歯になる確率は20人に1人くらいだよ!と言われました。

だんきのこ
毎日歯磨きしていたのに・・・

普通に歯磨きするだけでは、対策として不十分なようです。

虫歯になりやすい箇所

フロス(糸ようじ)で虫歯になりやすいところをしっかり磨きましょう。

歯と歯の間はもちろんですが、奥歯の歯の溝もフロスすることが重要です。

妻きのこ
奥歯のフロスは横に倒しながらだとやりやすいよ!

画像出典:ハロー小児歯科

乳歯は虫歯の進行が速い

虫歯になる2週間前には歯医者へ行き、定期健診で子供たちの歯を見てもらっていました。

しかし定期健診後、2週間後いつも通り歯磨きをしていたら、虫歯になっているのを発見しました。

乳歯の虫歯の進行は早く、突然進むので要注意です。

乳歯は抜けるから大丈夫?

乳歯は抜けるから、虫歯になっても大丈夫!というわけにはいきません。

乳歯の虫歯は永久歯の歯にも影響を与えます。

口の中に虫歯菌がいる事が問題なのです。

次に虫歯の原因を紹介します。

虫歯になった考えられる原因

虫歯の原因

  • 甘いお菓子などの食べすぎ
  • 食べる時間が長い
  • ジュースの飲みすぎ
  • 仕上げ歯磨き不足

甘いお菓子などの食べすぎ

一番の原因はお菓子の食べすぎにあります。

晩御飯を食べるのが遅くて、進まない子供たちに、『全部食べ終わってから、お菓子食べよう』と誘って、お菓子を与えていました。

毎日ではないですし、一口、二口程度のお菓子でしたが、影響があったようです。

また、3歳まで仕事場の託児所に預けていたため、残業時間中は、子供と一緒に仕事する時間がありました。

その際、職場の優しい方たちが、お菓子を与えてくれていたのでお菓子を食べる頻度は多かったかもしれません。

食べる時間が長い

たべる時間が長かったり、食事やおやつの間隔が少なく、ずっと口の中が汚れていると虫歯になりやすいです。

我が家の場合は、食事に集中せずに二人で遊びながらご飯を食べて、長くなるケースがありました。

1回の食事時間が1時間ぐらいかかることもありました。

ジュースの飲みすぎ

週末にお出かけをすると、ジュースを飲むぐらいのペースで飲んでいました。

毎朝、ココアの入ったヨーグルトを食べていたのも原因の一つかもしれません。

仕上げ歯磨き不足

毎日歯磨きをしていましたが、パパの仕上げ磨きが不十分だったようです。

我が家は場合は、前歯によく食べ物が挟まっていたので、それを取るのに時間をかけ、奥歯がおろそかになってしまいました。

虫歯になってしまったら

虫歯になる前からやるべき対策ですが、虫歯になってしまってからも、歯医者さんからもアドバイスを頂き進行を抑える為に対策しています。

次の対策で今のところ進行は抑えられています。

虫歯になる前からやるべき対策

甘いものお菓子、ジュースを控える

ご飯に集中できるように対策

仕上げ磨きを入念にする

甘いものお菓子、ジュースを控える

虫歯が出来てから、家ではお菓子を食べないようにしました。

意外にも、慣れてくるようで、食べなくてもぐずらなくなりました。

ご飯に集中できるように対策

ご飯中に遊びださないよう、席の配置を工夫したり、ご飯中にTVを付けないようにしました。

おかずは大きすぎて食べにくいものは、小さく食べやすいサイズにしてあげるようにして、食べれたらとことん褒めてあげるようにしています。

仕上げ磨きを入念にする

仕上げ磨きを入念にできるように、前歯に詰まったものは、フロス(糸ようじ)でとるようにしました。

フッ素入り歯磨き粉をで磨いたあとは、すすぎは1回だけにするように徹底しました。

歯医者さんにも売っているおすすめの歯磨き粉は『チェックアップ』です。

フッ素入りで、虫歯予防にもなります。

まだ口をすすげない子には、すすぎ不要のジェルタイプもありますよ。

子供の歯磨きまとめ

虫歯になってしまったら、毎週歯医者にかよって、歯医者を嫌がる子供たちの気分をなだめたりしなければありません。

虫歯にならないようにするのが一番いいですが、もしも、虫歯になってしまったとしても、それ以上進行させないように対策が打てたらいいですね。

口が健康でないと、食べ物を嫌がり身体全体が不健康になってしまうので、小さいころから歯は大事にしたいです。

我が家の経験が少しでも役に立てばうれしいです。

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人

だんきのこ

3歳になる双子男子を育てる【だんきのこ】です。 Twitterでも子育てパパママ向けに情報発信してますのでフォローお願いします。

おすすめ記事

1

3歳の双子の男の子を育てるだんきのこです。 双子育児はを乗り切るには父親の心構えがとても大切になります。 心構えをしていないと、双子育児で心が折れそうになってしまう。 はてな でも何が大変なんだろう? ...

2

双子が歩き始めると、破壊王の誕生!双子が徘徊し交互に這いつくばる姿は、まるでゾンビの再生です笑 絶賛双子育児中だんきのこが双子が歩き始めたら役立つ、買って良かったグッズを紹介します。 目次双子の歩き始 ...

3

双子、それは生命の神秘によって産まれる奇跡の子供たちです。 見た目も仕草もそっくりで、中には兄弟を間違えてしまったなんて経験もあるのではないでしょうか?   今日は、そんな「双子のあるある」 ...

-すべて, 育児アイテム紹介
-,

© 2021 だんごとキノコの毎日 Powered by AFFINGER5