すべて 子育て

【双子の父親になる準備】不安な気持ちを解消する双子育児のコツ

3歳の双子の男の子を育てるだんきのこです。

双子育児はを乗り切るには父親の心構えがとても大切になります。

心構えをしていないと、双子育児で心が折れそうになってしまう。

はてな

でも何が大変なんだろう?

気を付けるべきことはあるの?

これから双子育児ををする父親は不安でいっぱいだと思います。

私も双子ができたときは不安でいっぱいでした。

そんな方に役立つ情報をまとめて紹介します。

【双子育児】不安な気持ちを解消する父親になる心構え

双子の父親になる人にいいたいことは『今までの生活はできない、覚悟してかかれ!』

双子が産まれたら、今まで通りの生活はできないと覚悟してください。

仕事が終わって、今までだったら飲みに行ったり、休日にスポーツをしたりしていた方も多いでしょう。

しかし子供が4.5歳になるまではまず自分のことは置いといて、家族の為に時間を使うことになります。

双子育児では朝普通に会社に行って、まっすぐ帰って、休日も遊びに行かず子供のお世話をする。だけでは足りないのです。

日々変わる子供の変化や、母親のケアをしっかりしていかないといけません。

だんきのこ
『遊びにも行ってないし!まっすぐ帰ってきてるのに妻に怒られる』そんなことも良くありました。

しかし、自分の時間を犠牲にするわけではありません。

家族と過ごす時間に得られる、幸福感や、学びを自分の成長につなげていきましょう。

双子が産まれる前に準備すること

仕事を早く終われるよう準備をしよう

子供のお世話は嫌でもできる

妻のケアを第一にする

この3つを詳しく解説していきます。

仕事を早く終われるよう準備をしよう

双子が産まれる前に職場に相談しなるべく早く帰れるよう調整しておきましょう。

父親が早く帰ることが何より大切になります。

毎日残業で遅くなってしまうと、遊んでいなくても、母親のストレスはピークに達します。

産まれる前から業務の調整をはかりましょう。

子供のお世話は嫌でもできる

双子が産まれたら、毎日が戦いです。

授乳、おむつ替え、寝かしつけ、沐浴など、最低限のことはできるようになっていかなければなりません。

あなた
やったことないからできるか不安だな。
だんきのこ
心配ありません。最低限の子供のお世話は嫌でもできるようになります。

誰しも最初は慣れないことはありますが、双子育児において最低限の子供のお世話は身についてきます。

それよりもまずは自分のことは自分でやれるように準備しておきましょう。

妻に聞かないとわからない事ありませんか??

家事全般一人でできますか?

子供が産まれる前に、自分のことは自分でする準備を進めましょう。

子供が産まれる前にできる役所手続きなどの準備はこちら↓

家族に尊敬される父親への道『双子が産まれる前にできる準備』

母親のケアを第一にする

双子が産まれる前からの母親の不安や精神的負荷は計り知れないぐらい大きいです。

双子が産まれてからは、夜も寝れない日もある中で、毎日子供たちのお世話をして、家事もしていては息が詰まります。

仕事から帰ってたら、子供たちの面倒はパパが見るよ!ぐらいの意気込みで行きましょう。

またママの話を聞いてあげて、寄り添ってあげるのが大切です。

妻にかけるべき言葉をまとめはこちら↓

【双子育児】新米パパが知るべき6つのこと!『妻への寄り添い方』

心構えができたら次は双子育児を乗り切るコツを紹介します。

不安な父親が双子育児を乗り切るコツ

双子育児が不安な人は乗り切るコツを知って置けば不安を解消できるでしょう。

双子育児を乗り切るコツ

便利アイテムで双子育児を乗り切る

お金で楽できることは使う

夫婦で休める時間を作る

この3つを詳しく解説していきます。

便利アイテムで双子育児を乗り切る

双子育児で一番大変なのは寝かしつけになります。

寝かしつけがうまくいかず、睡眠をとれていないと、イライラしてすべてがうまくいかなくい。

そんなときは便利グッズを活用しましょう。

双子育児の寝かしつけに役立つ便利グッズはこちら↓

双子育児の寝かしつけのコツ!ワンオペの人必須アイテムの紹介有!

お金で楽できることは使う

双子育児で0歳児の頃はあっという間です。

休む時間が取れないほど寝間ぐるしく、大変なものになるでしょう。

お金で時間を変えるものは導入をオススメします。

例えば、緊急時はタクシーで移動するとか、便利家電を導入するなど、育児以外の時間を楽できるように整えましょう。

一番オススメなのは食洗器の導入や、自動掃除ロボットを取り入れましょう。

自動掃除ロボットの導入メリットはこちら↓

双子育児は時短が大切!ルンバと暮らそう!お掃除ロボット家電!

あなた
でも将来お金がかかりそうで心配だな

双子育児で経済的に不安になる気持ちも分かります。

しかし意外にも双子を産むときの出産一時金などで、プラス収支になるケースが多いので、国や市からの支援金で便利家電を買っちゃうことをオススメします。

我が家の出産時の収支についてはこちら↓

双子あるある『出産費用がお金かかると思ってたら逆にプラスになる

夫婦で休める時間を作る

双子育児で大切なことは、積極的に休む時間を作ることです。

子供たちを最高の笑顔で育ててあげるためにも、夫婦で協力してリフレッシュできる時間を作りましょう。

休みの日の数時間でもいいので、一人になれる自由な時間があれば全然違ってきます。

協力してもらえるなら、祖父母にお願いしたり、市町村の多胎児ネットや、ファミリーサポートを積極的に使って、できる限り休める時間を確保することが双子育児を乗り切るコツです

でもいつまで大変なんだろう?って思う方は次に紹介します。

双子育児はいつまで大変なの?

結論から言うとずっと大変です。

ただし、ピークは0歳から3歳まででした。

子供たちがお話できるようになったり、自分でお着替えもできるようになるので、すべてお世話しないといけないわけではなくなります。

夜の寝かしつけは昼間にしっかり遊べば寝てくれますし、ご飯も自分たちで食べれるようになってくるので3歳を過ぎるとピークは越えていくでしょう。

子供たちが歩き出すと大変なことも増えてきますので、1歳過ぎたころから対策を取っていくことをおすすめします。

子供たちが歩きだす前に検討することのまとめはこちら↓

【双子育児】歩き始めで役立つグッズ5選!

だんきのこ
ここまで知れたらイクメンになれる!と思った人はちょっと待ってください。まだ注意するべきことがあります。

双子の父親はイクメンになれない

双子の父親は育児をして当たり前です。

イクメンとは育児を積極的にする男の人をさしますが、イクウーマンとかイクママという言葉はありません。

イクママは育児をして当たり前だからです。

つまり育児をして当たり前の双子の父親はイクメンにはなれないのです。

ちょっと育児に参加したぐらいで、どや顔しているようでは妻をイラっとさせて、ケンカのもとになるので気を付けましょう。

Twitterでアンケートを取ったママがイラっとするパパの行動はこちら↓

子育てしているつもりなのに怒られるパパ|ママが本当に望んでいる事

ここまでは大変な面ばかり紹介してきましたが、双子って悪い事ばかりではありません。

次に双子パパになってよかったことを紹介します。

双子の父親のいいところ

双子育児では単胎児の子供と違って、必ずと言っていいほど、片方どちらかのお世話をすることになります。

なので、双子のどちらかはお父さん子になることが多いようです。

やはり一番の幸せは子供に好かれて『パパを求めてきてくれること』が嬉しいです。

子供が一人だとお母さん寄りになることが多いですが、双子だとお父さんサイドに一人はついてくれるので、子供の可愛さを味わえる分幸せだと感じます。

父親の不安を解消する双子育児のコツのまとめ

双子の父親になる心の準備はできたでしょうか?

実際は僕も双子が産まれてからすぐは実感がなく、今思えば父親としての自覚が足りなかったなと感じています。

お腹に子供がいる母親と違って、父親は実感がわきにくく、考え方のズレが生じやすくなってしまいます。

ちょっとしたズレから母親の不安を膨らましてしまわないよう、父親は事前にしっかりと心構えをして、これから産まれてくる我が子を全力で愛してあげましょう!

妻が双子妊娠中に夫にできること!先輩パパが教えるやるべき事14選

だんきのこ3歳の双子の男の子を育てるだんきのこです。 双子の妊娠が発覚した時、どんな気持ちでしたか? 二人も子供ができた喜び?それとも不安? 私の場合は、どちらの気持ちもありました。 双子パパの先輩の ...

続きを見る

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人

だんきのこ

3歳になる双子男子を育てる【だんきのこ】です。 Twitterでも子育てパパママ向けに情報発信してますのでフォローお願いします。

おすすめ記事

1

3歳の双子の男の子を育てるだんきのこです。 双子育児はを乗り切るには父親の心構えがとても大切になります。 心構えをしていないと、双子育児で心が折れそうになってしまう。 はてな でも何が大変なんだろう? ...

2

双子が歩き始めると、破壊王の誕生!双子が徘徊し交互に這いつくばる姿は、まるでゾンビの再生です笑 絶賛双子育児中だんきのこが双子が歩き始めたら役立つ、買って良かったグッズを紹介します。 目次双子の歩き始 ...

3

双子、それは生命の神秘によって産まれる奇跡の子供たちです。 見た目も仕草もそっくりで、中には兄弟を間違えてしまったなんて経験もあるのではないでしょうか?   今日は、そんな「双子のあるある」 ...

-すべて, 子育て
-,

© 2021 だんごとキノコの毎日 Powered by AFFINGER5