すべて 子育て

『イクボス』になろう!男性の育児休暇の推進『イクボス』への昇進

だんきのこ
3歳の双子の男の子を育てるだんきのこです。

家事や育児を当たり前にする父親が増えてきて、『イクメン』と聞くと逆に何それ?イクメンなんて当たり前でしょ!って声が聞こえてくると思います。

『イクメン』から『イクボス』への昇進を目指してみませんか?

『イクボス』とは

イクボスって何?って人も多いですよね?

イクボスとは、『育児』のイクと『上司』を言い換えたボスを合わせてできた言葉で『イクボス』と言います。

職場で働く部下に対して、子育ての対する理解があり、ライフワークバランスを考えてくれる上司のことをさします。

NPO法人ファザーリングジャパンが女性の社会進出についてのプロジェクトを立ち上げ認知されつつある言葉になってきました。

女性の社会進出に伴って、男性の育児休暇のの取得も推進されています。

イクメンを応援して、男女共に会社で活躍できる環境を整えるためにイクボスは必須の上司になるわけです。

イクボスになるには

イクボスになるにはイクボスプロジェクトで提唱されている『イクボス10か条』があります。

イクボス10か条

1. 理解

現代の子育て事情を理解し、部下がライフ(育児)に時間を割くことに、理解を示していること。

2. ダイバーシティ

ライフに時間を割いている部下を、差別(冷遇)せず、ダイバーシティな経営をしていること。

3. 知識

ライフのための社内制度(育休制度など)や法律(労基法など)を、知っていること。

4. 組織浸透

管轄している組織(例えば部長なら部)全体に、ライフを軽視せず積極的に時間を割くことを推奨し広めていること。

5. 配慮

家族を伴う転勤や単身赴任など、部下のライフに「大きく」影響を及ぼす人事については、最大限の配慮をしていること。

6. 業務

育休取得者などが出ても、組織内の業務が滞りなく進むために、組織内の情報共有作り、チームワークの醸成、モバイルやクラウド化など、可能な手段を講じていること。

7. 時間捻出

部下がライフの時間を取りやすいよう、会議の削減、書類の削減、意思決定の迅速化、裁量型体制などを進めていること。

8. 提言

ボスからみた上司や人事部などに対し、部下のライフを重視した経営をするよう、提言していること。

9. 有言実行

イクボスのいる組織や企業は、業績も向上するということを実証し、社会に広める努力をしていること。

10. 隗より始めよ

ボス自ら、ワークライフバランスを重視し、人生を楽しんでいること。

引用:イクボスプロジェクト公式サイト

イクボスになるメリット

イクボスになるメリット

  1. 部下のやる気が出て活躍度が高まる
  2. 仕事効率が上がる
  3. 部下の精神の健康を保つ
  4. 組織のチームワークが向上する
  5. トータル仕事が早く終わる

部下のやる気が出て活躍度が高まる

部下が家事や育児に積極的に関わることによって、幸福度が高まりやる気がでます。

そして、会社の業務だけでは得られないインプットも増えるため、業務にも新しい発想やアイデアが生まれ、活躍度の向上につながります。

仕事効率が上がる

子育て中の部下は子供のお迎えなどがあるため、時間が限られています。

限られた時間で業務を行う為、効率よく仕事を進めるノウハウをもち、意欲をもって取り組むので自然と仕事効率は上がっていきます。

部下の精神の健康を保つ

家族と過ごす時間は長ければ、幸福度も高くなりますし、夫婦間のストレスも減って精神面の健康を保つことができます。

組織のチームワークが向上する

短い時間で業務を遂行するには、職場の協力が必要になります。

そのためチーム全体で協力しながら、柔軟に対応する必要があるため、チームワークの向上につながります。

しかも、突然の休暇に対応するために、1人に仕事が偏らず、○○さんしかできないといった仕事が減り、

みんながどの仕事もできるようになっていくメリットもあります。

イクボスになって男性の育児休暇を推進しよう!

だんきのこ
皆さんは育児休暇はとれましたか?

だんきのこは双子育児をするうえで、実家も遠方だったので育休をとりたかったでのですが、職場で誰も育休をとったことがなかった為、諦めた一人です。

やっぱりいくら厚生労働省が『育児休暇とっていいよ!』と言ったとしても、結局自分の働いている職場環境がそんな雰囲気ではなかったら、なかなか取りずらいと思います。

だからこそ育児を経験した『イクメン』たちが『イクボス』へと昇進し、会社や部下、自分の為に環境を改善していきましょう。

その為にまず家族を大切にし、会社で声を上げていきましょう。

父親が知っておくべき双子育児のコツ!家族に尊敬される父親への道

皆さん、こんにちは。 だんきのこ現在3歳になる双子の男の子を絶賛育児中の『だんきのこ』です。 これから双子が生まれてくるという父親や今まさに双子育児で奮闘しているという人は、不安や戸惑いを抱えているの ...

続きを見る

イクボスになるために目指す父親像

これからの父親に求められるのは、柔軟性を持った父親ではないでしょうか?

厳格な父親ではなく、優しいだけでもなく、時には愛情をもって子供を叱り、受け身な子供を自立できるようにサポートしていく

これは、子育てにおいても、部下の育成に関しても同じ事が言えると思います。

そんな簡単にできるものではないと思いますが、成し遂げる為に、頑張る父親の姿をみてまた子供も成長してくれることでしょう。

【双子育児】新米パパが知るべき6つのこと!忙しいパパさん必見!

だんきのこ双子が産まれたけど、仕事も忙しいし、子育てできるか心配。 双子の育児をしている、だんきのこです。 双子を育てるパパさんに向けて、不安や心配がある方向けに 最低限知っておいてほしい内容をまとめ ...

続きを見る

 

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人

だんきのこ

3歳になる双子男子を育てる【だんきのこ】です。 Twitterでも子育てパパママ向けに情報発信してますのでフォローお願いします。

おすすめ記事

1

3歳の双子の男の子を育てるだんきのこです。 双子育児はを乗り切るには父親の心構えがとても大切になります。 心構えをしていないと、双子育児で心が折れそうになってしまう。 はてな でも何が大変なんだろう? ...

2

双子が歩き始めると、破壊王の誕生!双子が徘徊し交互に這いつくばる姿は、まるでゾンビの再生です笑 絶賛双子育児中だんきのこが双子が歩き始めたら役立つ、買って良かったグッズを紹介します。 目次双子の歩き始 ...

3

双子、それは生命の神秘によって産まれる奇跡の子供たちです。 見た目も仕草もそっくりで、中には兄弟を間違えてしまったなんて経験もあるのではないでしょうか?   今日は、そんな「双子のあるある」 ...

-すべて, 子育て

© 2021 だんごとキノコの毎日 Powered by AFFINGER5