すべて 子育て

【双子育児】イライラする!子供が言うことを聞かない時の対応解説!

あなた
双子の子供が言うことを聞かないんです。
だんきのこ家もイヤイヤ期絶頂で最初は簡単には言うことを聞いてくれませんでした
だんきのこ
妻きのこ
考え方や意識を変えると親も子供も接し方が変わってくるよね
この記事を書いているだんきのこです。 たくさんの育児本を読んで、子育てのなかで有益な情報を発信しています。
だんきのこ

ストレスをためない!イライラしない子育ての考え方を紹介します。

 

双子育児のイライラしない考え方

『やさしさ』と『厳しさ』の使い分けをしてイライラせずに子育てしよう!

子育てをしていると、ついつい大声で怒鳴って叱ってしまうことはあると思います。

子供たちの為に必要な場合もありますが

叱らずに済むのであれば、叱りたくないですよね?

あまり頭ごなしに子供を叱ってしまうと、子供が発揮しようとしている

発想力や想像力が奪われてしまいます。

そうならない為に、だんきのこ家で実践している方法です。

親に必要な資質とは?

①温かいやさしさの資質

思いやりと愛情を示す能力です。

これは、どれだけ子供と触れ合うかが重要になってきます。

子供と親が一緒にいるときに、親がどれだけ喜ぶかによって、自分の価値を決めるそうです。

『ありがとう』『助かった』『嬉しいな』とたくさん伝えてあげましょう。

だんきのこ
子供とたくさん触れ合うことを意識してるよ!🍡
子供の成長に気づいたり、新しくできたことがあれば、喜びを子供に伝えるようにしてるわ!🍄
妻きのこ

②ゆずらない強さの資質

怒らず弱気にならず、諦めずにルールを守らせる能力です。

しつけの目的は、子供たちが幸せに生きていけるようにすること

親の断固とした態度で、子供は心を制御する力を養うそうです。

子供自身に、”なぜそうしたのか?、どうすれば”よかったのか?”を考えさせる。

行動と引き離して、考える時間と動機を与え、解決策を話し合うのが大事です。

このときにテレビなど注意がそれるものがない場所で子供と一対一で向かい合って話すことも大切だそうです。

我が家のように兄弟がいる場合は、もう一人が割り込んで注意がそれてしまうこともありますが…。

妻きのこ
いたずらをしたら、まず”なぜそうしたのか?”聞くようにしています🍡
できないからと言って、すぐ注意するのではなく、根気よく見守ることも大事にしてます🍄
だんきのこ

双子育児でイライラしない為の子供との関り方

人とのふれあいを大事にする

子育てをする中で、『人と一緒にいて楽しかった!』という思いを多く体験させるよう意識しています。

最初は【お父さんと一緒だったから、安心した!楽しかった!】という気持ちをベースにする。

徐々に【お父さんの友達、近所の人も一緒にいて楽しかった!】という経験を繰り返し

人と触れ合いを意識しています。

親が子供の人間関係のモデルになれるよう意識いてます🍡

妻きのこ
うちは児童館でもわたしが手一杯になっているのをみかねて

職員さんや同世代ママが声をかけてくれたり

手伝ってくれることも多かったので

人と触れ合うことも多かったように感じます

本当にまわりに感謝することが子供を産んでから増えました


子供が言うことを聞いてくれるようになった方法

子供をかわいがると、アイデンティティの基盤が育ちます。

そのために、まず同調してくれる人調和することを学んでもらういます。

子供が同調してくれる方法

  1. 子供が今やってることを、親が真似る
  2. 子供が親のやってることを真似る
  3. 子供が十分やってることを真似る
  4. 子供が親のやってることを真似る
  5. 子供がやったことないことをやって見せる
  6. 子供が真似ようとする

親と子供が同調して、調和して、互いに役に立つ、頼りたよられるという関係の中で

何かを行うことが人として大切になります。

双子きのこ
とーちゃんの真似をして、でんぐり返しや、三転倒立ができるようになったんだ!🍄

子供にやらせてあげる

子供にできる限り自分でやらせる。

これって案外難しいですよね?

親がなんでもかんでも面倒みるのではなく

まずはやらせてみる、どうしても出来なかったら、

できるようにサポートしてあげる

それが親の役目だと感じています

例えば、朝着替えができないと状態だったら

服を裾を渡してあげて、『ここに頭を通してね』

と教えてあげたり、ちゃんと説明すれば、子供には伝わります。

1回では当然できません、でも何回も教えてあげて

出来たら『やったね、かっこいい!』とほめてあげる

この積み重ねが信頼関係にもつながってきます

さらに、子供に選ばせてあげるのも大切です。

子供自身のモチベーションを上がります。

『お着換えしなさい!』ではなく『今日はどっちの服きる?』

2択を用意して聞いてあげると、自然と自分で選んで進んで着替えてくれるようになります。

双子育児でイライラしてしまったら

子供が困った行動をしたときに、『ダメ!』『いい加減にして!』と言いたくなることありますよね?

でも子供は、自分の能力を伸ばしたくて行動しているだけ!

子供は、今まさに成長している!能力を伸ばそうとしている!

そう考えたら、広い心で見守ることもできます。

こちらもCHECK

父親が知っておくべき双子育児のコツ!家族に尊敬される父親への道

皆さん、こんにちは。 だんきのこ現在3歳になる双子の男の子を絶賛育児中の『だんきのこ』です。 これから双子が生まれてくるという父親や今まさに双子育児で奮闘しているという人は、不安や戸惑いを抱えているの ...

続きを見る

だんきのこ
親が子供の能力を発揮できるようサポートしてやろう!意識しています。

怒らずに上手に叱る方法

駐車場などで走り回る子供に『止まりなさい!』と怒鳴っている人を見かけたことがあります。

母親は自動車に引かれたら危ないので、心配して声をかけていますが、子供にはどう伝わっているのでしょうか?

走っちゃいけない理由が伝わらないと、子供には届かないものです。

男の子の子育て疲れた人必見!男の子の困った行動の向き合い方7選

だんきのこ双子の男の子を育てるだんきのこです。 男の子って落ち着きがなかったり、乱暴だったり親を困らせることばかりしますよね? 双子の男の子を育てるだんきのこが、男の子の困った行動と向き合い方を紹介い ...

続きを見る

『○○するな!』でなく『○○して欲しい!』と伝える

例:お茶の入ったコップを運んでもらう時は、

間違い『こぼすなよ!』

正解『いっぱい入ってるから気を付けて運んでね』

『下向いてちゃダメ』→『前えお向いて歩いて』

『忘れるなよ』→『覚えておけるか?』

例にあるように『こぼすなよ!』というと子供はこぼすわけないよ!と思いながらコップを運び、お茶をこぼすという結果になりがちです。

親は『○○して欲しい』という肯定的な言葉を使って、して欲しくないことではなくして欲しいことを伝えるようにするといいです。

『危ない!』と思っても慌てない

親は自分の不安や恐怖を子供に投影しがちです。

子供が机に上って危険なことをしてるのを見たときは『危ない!』『怪我したらどうするの!』と大声を出してしまいますよね??

その場合は自分の心を落ち着かせ『どうやって降りるのか見せて欲しいな』というように

前向きな行動をを促す言葉かけをしてみると、子供はその気になり無事に降りてくれます。

失敗から学ばせる

子供が失敗したとき『バカ!』『なんでそんなことするの!』など叱りたくなりますよね?

子供が失敗したときにそこから学びを得る為には親の助けが重要です。

 

まずは子供がどんな状況なのか見極めましょう。

その上で、その失敗から何か学ばせる質問をしましょう。

子供は失敗しようとして、失敗してるわけではない可能性が高いです。

お茶をこぼした例で行くと

『こぼさないように運ぼうとしてけどこぼしちゃったね、片手で持ってたらどうなるかな?ゆっくり歩かないとどうなるかな?』と

どうすればよかったらいいか考えさせることが大事になります。

感情に任せて叱らない

子供がイタズラをしたら、頭ごなしに怒鳴りつけても子供の為にはなりません。

親がしなければならないのは子供が自分の行動に責任を持つようになるようにしてあげること。

自分の行動が周りの人にどんな影響を与えるのか?

何もしなかったことで周りの人がどんな気持ちになるのか?

自分の行動にどんな影響があるか考えてもらえるような声掛けをしてみましょう。

『こんなに散らかしたらママはどんな気持ちになると思う?』

『すぐにお出かけするには、どうすればよかったかな?』

命令は逆効果!自分で考えさせる

命令されると、子供は自分の頭で考えることなく行動します。

言われたことに責任を持つこともありません。

子供が積極的に行動してほしいのであれば『お着替えしなさい!』ではなく『今日はどの洋服きるの?』と子供自身に考えさせる声掛けするといいです。

『おもちゃはどこにしまうの?』『絵本はどこにいまうといいかな?』

叱らずにすむ方法を考えよう

子供がご飯をなかなか食べない時

子供がご飯をなかなか食べない時

事前に子供が何を食べたいのか聞いておく

子供が自分で食べれると決めた分量をたべさせる。

子供が勝手にお菓子を食べてお腹がいっぱいにならないようにする。

食べたくない本当の理由を子供に聞いてみる

双子育児でイライラしている人はたくさんいる

まとめ

子育てをしていく中で、忙しくてついつい怒鳴ってしまうことは当然あります。

いろんなことを経験して、一緒に成長していけたらいいのかなと思います。

イライラしないためには、子供とともに一緒に成長していく。

そのために、子供たちをよく見て、愛情をたっぷり注いであげましょう。

双子育児で子供にテレビを見せてもいいの?子供とテレビの関り方!

子育てにおいて0歳から3歳になるまでは、テレビは見せない方がいいってよく聞きますよね? しかし双子育児では、なかなか家事をする時間も取れないので、子供のテレビを見せている間に家事や休憩をとる親御さんも ...

続きを見る

 

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人

だんきのこ

3歳になる双子男子を育てる【だんきのこ】です。 Twitterでも子育てパパママ向けに情報発信してますのでフォローお願いします。

おすすめ記事

1

3歳の双子の男の子を育てるだんきのこです。 双子育児はを乗り切るには父親の心構えがとても大切になります。 心構えをしていないと、双子育児で心が折れそうになってしまう。 はてな でも何が大変なんだろう? ...

2

双子が歩き始めると、破壊王の誕生!双子が徘徊し交互に這いつくばる姿は、まるでゾンビの再生です笑 絶賛双子育児中だんきのこが双子が歩き始めたら役立つ、買って良かったグッズを紹介します。 目次双子の歩き始 ...

3

双子、それは生命の神秘によって産まれる奇跡の子供たちです。 見た目も仕草もそっくりで、中には兄弟を間違えてしまったなんて経験もあるのではないでしょうか?   今日は、そんな「双子のあるある」 ...

-すべて, 子育て
-,

© 2021 だんごとキノコの毎日 Powered by AFFINGER5