すべて 子育て 育児アイテム紹介

双子をワンオペでお風呂に入れる方法!便利グッズとコツを紹介します

だんきのこ
3歳の双子の男の子を育てるだんきのこです。

双子をお風呂に入れるのって最初は怖いですよね。

本来なら夫婦で協力できればいいですが、パパが仕事で遅くなった時など

どうしてもワンオペになってしまう時もあると思います。

しかし便利グッズを使えば、双子のワンオペでのお風呂も乗り切れます。

我が家で行ったお風呂に入れる方法を紹介していきます。

双子のお風呂は便利グッズを事前準備をしよう

双子をワンオペでお風呂に入れるにはまず事前準備が必要になります。

妻きのこ
準備をしっかりすればお風呂に入れるのもスムーズになるよ

我が家のモットーは長く使えないものはいらない!

沐浴するためのお風呂の準備

我が家の場合、洗面所にお湯をためて入れていました!

  1. 準備の流れ

    1. 洗面所にお湯をためる
    2. 沐浴用スポンジを洗面所にセット
    3. 沐浴用布を用意(体が冷えないかける)
    4. ガーゼを用意(体を拭くよう)
    5. 洗剤(我が家は西松屋のあわぴよを採用)

あわぴよにした理由

LDKというベビー用品の雑誌で、割と辛口コメントが多い中、あわぴよは評判が良かったのであわぴよにしました。

実際使ってみて、体はきれいになり、あわ落ちもよく、肌に優しかったので良かったです。


沐浴用スポンジ

洗面所で沐浴をする場合は、洗面所用のスポンジを用意しましょう。

短い期間しか使用しないので、西松屋のくまのスポンジが安くておすすめです。

お風呂から上がった時の準備

お風呂を上がった後のお着替えまでの準備をしっかりしておきましょう。

バスタオル→おむつ→肌着→ロンパースと重ねておきます。

肌着とロンパースの袖は事前に通しておき一気に着せると、1枚ずつ着せるより楽できます。

バスタオルに乗せて拭き、バスタオルを抜いたら、すぐ肌着&ロンパースが着れるようにしておきます。

双子の待機用アイテム3選

一人を沐浴している間は、もう一人はアイテムを使って待機してもらいます。

待機用アイテム

ハイローチェア、バンウンサー、U字クッション

お風呂以外にも使える、双子用のおやすみたまごも人気

おやすみたまごは背中ツイッチが発動しにくく、子供がよく寝てくれるクッションです。

寝かしつけにも使える便利グッズの双子版で、ベルトもついているので安心です。

双子のお風呂(沐浴) 生後1、2カ月

身体を冷やさないように注意する

双子は身体が小さく産まれる子も多いと思いますので、新生児サイズの頃は沐浴で問題ありません。

我が家でも、大きくなかったので普通の子よりも沐浴は長かったです。

双子を沐浴するポイントは身体を冷やさないようにすることです。

ベビーバスに入れるのであればお湯が冷めないようにこまめにお湯を入れてあげましょう。

双子のお風呂 2カ月~8カ月

一人をバスマットに寝かせて、もう一人をひざの上で洗う

1カ月検診が終わったら大人と一緒のお風呂に入ることが出来るようになります。

我が家は暖かい時期だったので次のやり方を採用しました。

双子をお風呂に入れる流れ

  1. 基本的には二人同時にお風呂に入れる(寒い時期は難しいかも)
  2. シャワーでバスマットを温める(出しっぱなし)
  3. 一人目を全身シャワーで体を温めバスマットに寝かせる
  4. 二人目をひざに乗せて椅子に座る
  5. ひざに乗せた方を洗う(シャワーを使ってない時はバスマットにお湯を流す)
  6. バスマットに寝かせている方と入れ替え洗う

基本的にはバスマットで過ごせましたが、首が座ってからはバケツにお湯をためて入れていました。

バケツに入れた子が転倒しないように、お風呂の角にバケツを置いて、足で抑えながら、もう一人をひざの上で洗っていました。

バケツのお湯もすぐ冷めるので、都度追い湯をしながら入れていました。

双子のお風呂 8カ月~

自分で座れるようになるころからベビーバスにお湯をためて入れていました。

このころからベビーバスに入れた理由は、二人が並んでベビーバスに入ることで倒れずに入れたのでその間に親が体を洗えるようになりました。

ただしお湯の入れすぎには注意しましょう。

我が家でも油断するとすぐ溺れそうになっていました。

おすすめのベビーバス

我が家では、使用期間も短い事から、西松屋の安いベビーバスにしました。

1~3歳ごろなら夏はプール代わりにも使用していました。

西松屋はアプリでポイントも貯められます。

ベビー用品や服を西松屋で買う機会が多い方はアプリを使ってポイントも活用しましょう。

西松屋のアプリ

双子のお風呂で気を付ける事

双子をお風呂に入れる上で気を付けることを紹介します。

目を離さない

二人を同時で入れる場合も一人ずつ入れる場合も目を離さないようにしましょう。

無理をしない

疲れているときは無理をして入れなくてもいいです。

双子をお風呂に入れることは、危険と隣り合わせになります。

無理をして何かあっては元もこもないので、しんどい時は無理せずに休みましょう。

パパがお風呂にいれる時は服を着せる所までやる

休みの日など『今日はパパがお風呂入れるよ~』なんて得意げになってるパパもいます。

先にお風呂に入って、『子供たち入れるよ~』と言ってママが子供の服を脱がせて、パパに渡す。

パパが子供を入れた後は、ママが体を拭いて、クリームぬって、おむつ、パジャマからのミルクを上げる。

これでは、外で待ってる方が大変です。

もちろん協力プレーも大切ですが、せめて双子の片方と同時にお風呂を上がり、最後までお世話をしてあげましょう。

 

あとはママさんが一人でお風呂にゆっくり入れてるリラックスタイムを作って上げれたら最高ですね。

まとめ:双子はお風呂に便利グッズで乗り切ろう

今回は我が家の例は参考になりましたか?

バケツを使うなど荒技を駆使していましたが、意外とやってみたらハマったりすることもあると思います。

最初は慣れない双子育児で困惑すると思いますが、だんだん慣れてきて、自分たちの方法が見つかってきます

そのきっかけになれば嬉しいです。

ただし、慣れすぎて油断だけはしないようにしてください。

子供にとってお風呂は危険な場所でもあるので、親がしっかり対策を取って、快適なベビーバスライフにしましょう。

  • この記事を書いた人

だんきのこ

3歳になる双子男子を育てる【だんきのこ】です。 Twitterでも子育てパパママ向けに情報発信してますのでフォローお願いします。

おすすめ記事

1

3歳の双子の男の子を育てるだんきのこです。 双子育児はを乗り切るには父親の心構えがとても大切になります。 心構えをしていないと、双子育児で心が折れそうになってしまう。 はてな でも何が大変なんだろう? ...

2

双子が歩き始めると、破壊王の誕生!双子が徘徊し交互に這いつくばる姿は、まるでゾンビの再生です笑 絶賛双子育児中だんきのこが双子が歩き始めたら役立つ、買って良かったグッズを紹介します。 目次双子の歩き始 ...

3

双子、それは生命の神秘によって産まれる奇跡の子供たちです。 見た目も仕草もそっくりで、中には兄弟を間違えてしまったなんて経験もあるのではないでしょうか?   今日は、そんな「双子のあるある」 ...

-すべて, 子育て, 育児アイテム紹介

© 2021 だんごとキノコの毎日 Powered by AFFINGER5