すべて 育児アイテム紹介

幼児期にパズルで集中力を付ける方法|パズルが得意な子は賢くなる

3歳の双子を育てるだんきのこです。

幼児期の子供のしつけや学習、トイトレに取り組んでいる方も子供の集中力にお悩みではないですか?

集中力がなく、継続できなかったり思うようにしつけができないと悩む方も少なくないはずです。

そんな子供が楽しくパズルで遊んで集中力を付ける方法を紹介します。

幼児期にパズルをするとどんな効果があるのでしょうか。

幼児期にパズルで遊ぶ効果

パズルを得意な子は賢くなりそうなイメージはありますが実際どんな効果があるか解説していきます。

パズルの効果

  1. 集中力が付く
  2. 想像力が付く
  3. 理論的思考ができるようになる

集中力

幼児期におけるパズルは長時間遊ぶことのできるおもちゃなので、集中して取り組むことが出来ます。

もちろん最初から、集中して最後までできるものではありません。

諦めてしまうこともあるとは思いますが、パズルが完成していくにつれ、達成感を体感して長時間の遊びになれていきます。

一つのパズルを一人で完成できるころには自然と集中力が身についているわけです。

想像力

パズルには、絵柄や形の手がかりにしながら、組み合わせていきます。

最初の頃は、手探りな作業になりますが、

上達するにつれて完成した時の絵を想像しながらパズルをはめていけるようになります。

完成図をイメージする力が想像力につながっていきます。

ロジカルシンキングができるようになる

パズルを組み立てるには外側の分かりやすいものからはめたり、

絵柄の分かりやすいところからはめたりと、やり方は様々ですが、

上達するにつれてどのように組み立てるのが効率的か論理的に考え工夫するようになります。

これは問題解決の考え方の一つになるので、大人になっても必要な能力になります。

パズルに集中するための準備

あなた
うちの子も全然パズルやらないんだけど!
だんきのこ
パズルで集中力が付くのは分かったけど、どうすればいいの?って方も多いですよね?

実際我が家が実践した子供がパズルに夢中になる方法を紹介します。

遊びの中に取り入れサポートする

最初からパズルを子供一人でやらせてしまうと、難しくて諦めてしまいます。

子供と一緒に遊ぶなかで、親が一緒にパズルをはめる所からスタートします。

徐々に子供ができるようになってきたら、助けを求められるまで、見守るようにしましょう。

幼児期の最初は型はめパズルがおすすめです。

無理にやらせない

せっかくパズルを買ってあげたのだからと言って無理やりやらせてはいけません。

あくまでも子供が楽しんでやれるようにしないと、長続きもしなくなります。

見守るスタンスで、できた時には褒めてあげることが大切になります。

うまくできない時も焦らず見守ってあげましょう。

子供なりに考えて少しずつ成長していきます。

タブレットアプリでやってみる

パズルはアプリでもできます。

タブレットアプリであれば収納場所にも困らないので助かります。

実際我が家もゲーム感覚でパズルをやって遊んでいました。

 

《関連連記事》

3歳からの子供のタブレット学習|双子の親がおすすめのアプリ3選

 

子供のやる気を引き出す方法

準備が出来たら子供のやる気を引き出してみましょう。

ポジティブな声掛けをする

子供が遊んでいるときに、『上手にできたね!』『できたね!すごいじゃん!』とポジティブな声掛けが大事になります。

人間褒められると、もっと頑張ろうという気持ちになるので、褒めていくことで子供のやる気を引き出します。

普段から『○○しなさい!』と言ってしまってる方は特に注意してみてください。

親が率先して楽しく取り組む姿勢を見せる

子供がなかなかパズルをしない場合は、親が楽しくパズルをやっている姿を見せるのが効果的です。

我が家の場合でも、一緒にやろうと誘ってもなかなか集中して取り組めませんでしたが、

親がやってあげることによって、『僕もやりたい』という気持ちがわいてきます。

後は『色や形が合えばハマるよ』と教えてあげれば子供はのめりこんでいきます。

 

逆の言葉を使うのも効果的です。

『○○くんはやらなくていいからね。パパがやるから見てるだけでいいからね。』と伝えてパパがやって見せると、子供のやりたい気持ちを刺激できますよ。

子供がやる気を出した瞬間に集中できる環境つくりをする

日々の声掛けでやる気を出した時の為に、すぐにできる環境にしておきましょう。

パズルやりたいと言った時に子供の手の届くところにパズルを置いてるのが一番理想的です。

 

我が家もパズルを散らかすだけの時期もありましたが、声掛けや親の姿勢によってだんだんとパズルを集中して遊んでくれるようになりました。

3歳までに使ったおすすめのパズル

最初から難しいパズルは子供たちのやる気も集中力も持たないので、年齢にあったパズルから挑戦していましょう。

1歳でおすすめの型はめパズル

まずはパズルに興味をもってもらうのが大切です。

車やキャラクターなんでもいいですが、その子が興味のあるものがいいです。

しまじろうの型はめも人気で、メルカリでもよく売られていて、安く買えるでおすすめです。

2歳でおすすめのセイカのパズル30ピース

2歳になるころからは絵や形をみてパズルを置いていくことが出来ます。

セイカのパズルは1ピースが大きく、台紙にも形が分かるようになっているので、難易度が低くおすすめします。

3歳でおすすめのピクチュアパズル63ピース

3歳になれば様々なパズルに挑戦できますが、ピクチュアパズルでは、パズルをはめる+知識もつくパズルになってます。

我が家の場合、恐竜図鑑のパズルでしたが、他にもひらがなや、世界地図な種類は豊富です。

 幼児期のパズルまとめ

幼児期の子供は集中力がなくて、すぐ飽きてしまうことも多いです。

パズルで遊んで、集中して、長い時間遊べるようにしてみてはどうでしょうか?

一度ハマれば、何回でも遊んでくれて親も助かりますね。

  • この記事を書いた人

だんきのこ

3歳になる双子男子を育てる【だんきのこ】です。 Twitterでも子育てパパママ向けに情報発信してますのでフォローお願いします。

おすすめ記事

1

3歳の双子の男の子を育てるだんきのこです。 双子育児はを乗り切るには父親の心構えがとても大切になります。 心構えをしていないと、双子育児で心が折れそうになってしまう。 はてな でも何が大変なんだろう? ...

2

双子が歩き始めると、破壊王の誕生!双子が徘徊し交互に這いつくばる姿は、まるでゾンビの再生です笑 絶賛双子育児中だんきのこが双子が歩き始めたら役立つ、買って良かったグッズを紹介します。 目次双子の歩き始 ...

3

双子、それは生命の神秘によって産まれる奇跡の子供たちです。 見た目も仕草もそっくりで、中には兄弟を間違えてしまったなんて経験もあるのではないでしょうか?   今日は、そんな「双子のあるある」 ...

-すべて, 育児アイテム紹介

© 2021 だんごとキノコの毎日 Powered by AFFINGER5